Tel:021-️6135-2676(日本語可)Email:hanlong@longmandarin.com
漢龍文化中心 HOME > ニュース


コロナ禍のストレス解消法は絵画で決まり
2022/5/16

上海のロックダウンも早くも1ヶ月強、心温まるような出来事から、やりきれない怒りなどなど、日々様々なことが起こっています。


1人きりでずっと引きこもっていると、だんだん言葉がうまく出てこなくなって、つい怒りっぽくなってしまいますよね。


どうしたらこのイライラとうまく付き合って行けるのでしょう。絵を描いてみるのもストレス解消に役立つかもしれませんよ。


天山校のMさんはこの度のロックダウンの際、週に1枚のペースでご自分の好きな絵を描かれたそうです。本日はMさんの作品を何点かご紹介いたします。


ちょうど一年前に上海に来ました。その前にも出張で何度も来ています。動物は何でも好きですが、特に猫の自分勝手で自由なイメージが好きですね。


子供の頃から絵を描くのは好きでしたが、専門的に習ってはいません。専攻が工業デザインなので大学で絵も少しだけ習いましたが、美術大学に比べたら遊びみたいなものです。


特にストレス発散の為に描いているつもりはないですが、他のことを忘れて集中する事でコロナや仕事で不安定になりがちな心のケアにはなっている様な気はします。


ロックダウン中は仕事と絵を描く以外はテレビやネットを見たりするぐらいで特に何もしてないですが、料理をする様になりましたね。調味料とか食材が限られているので作り方は適当ですけど。

                                M君


Mさんの作品をご覧いただきました。皆さんも絵を描いてストレスを発散させてみては如何ですか?



ずっと家にこもっていると気分がふさぎがちですが、絵を描く事で何か心の拠り所を見つけられるかもしれませんよ。おすすめのストレスと向き合う方法が有れば是非シェアしてくださいね。

メール宛先 josie@longmandarin.com


大家加油,上海加油。


こちらの記事も人気です

団長を務めた自分を褒めて

あげたい!

こんな時こそ明るく元気に前向きに!コロナ禍アンケート調査、結果報告第二弾!

漢龍在校生佐藤同学のボランティア

体験記

 
Back
 


Copyright © 2004-2021 LongMandarin Corporation. All rights reserved. 沪ICP备13000238号-1