Tel:021-️6135-2676(日本語可)Email:hanlong@longmandarin.com
漢龍文化中心 HOME > ニュース


徐講師の仮設病院隔離生活
2022/4/28

きめ細やかなレッスンで人気の漢龍天山校の徐講師。4月の初めに新型コロナウイルスに感染し、仮設病院での隔離生活を余儀なくされました。本日は皆さんに徐講師の体験談をお伝えいたします。


4月2日、防疫当局より電話があり、PCR検査の結果が陽性だった旨を告げられました。2日後再度連絡があり、その日の午後に、現在臨時の仮設病院となっている上海万博のテーマ館(都市足跡館)へ転院するよう指示を受けました。

方舱医院

fāng cāng yī yuàn


中国湖北省武漢でのCOVID-19パンデミック中に特に使用された一種の仮設/移動野戦病院を指します。


今回の事は、覚悟はしていました。と言うのも、4月1日に住んでいる小区でPCR検査を受けたのですが、私の結果だけがずっと出ずにいたので、心の準備はしていました。


感染はしましたが、感覚としては初期の風邪といった感じで、少し喉が痛くて鼻が詰まっている程度でした。ただ、後遺症や近所の反応を考えると内心とても怖かったです。感染の診断が下り、隔離施設に行くことが決まった時は一体どんな様子なのだろうととても心配でした。


「怖がっても仕方がない、いつでも行けるようにしっかり準備をしよう」と自分を励まし、隔離施設でどのように過ごすかを考えることにしました。早々に着替えや、パソコン、充電器などをカバンに詰めてパッキングを終えました。隔離施設で何もすることがなく暇を持て余すことが最も恐ろしく、仕事を続けられたらと思っていました。


隔離施設の様子


仮設施設での待遇はあまり良くないと聞いていたので内心とても不安でしたが、着いてみると私が思っていたよりはずっと快適な印象を受けました。すごく清潔で、ベッドも布団も枕も全て新品でした。また各ベッドにサイドテーブルが備え付けられていて、ライトや洗面器、石鹸も用意されていました。私は施設がオープンした2日目に入居したらしく、2階の棟の最初の入居者だったそうです。


全て真新しい洗面用具


入居当初、トイレはあまり清潔ではありませんでしたが、その後清掃が入り改善されました。隔離施設で最も不便だと感じたのは以下の3点でした。

1.没有洗澡的地方,也确实没有洗澡的设施,我住在方舱8天7夜都没洗过澡,实在是挺难受的。


①入浴設備がないことです。隔離施設に7泊しましたが、一度もシャワーを浴びることができず辛かったです。


2.睡不好。整个方舱的灯光几乎是24小时开着,非常亮,而且大家都是住在一起,有的人睡得很晚,有的人起得很早,所以导致周围环境很噪杂。我走的那天有医生开始发放眼罩了,但是我觉得应该再发个耳塞。


②眠れないことです。施設内は24時間電気がついているため、眩しかったのと、それぞれ就寝時間が違うため、夜遅くまで起きている人の物音がうるさくてなかなか寝つけませんでした。私が退居した後でアイマスクも支給されるようになったと聞きましたが、耳栓もあった方がいいと思います。


3.方舱的手机信号也不是那么好,虽然可以聊天看视频,但是只要一打视频电话就会卡,所以很遗憾我在方舱不能上课。


3 携帯の電波が悪いことです。おしゃべりや動画を見る事は可能ですが、テレビ電話をするとすぐにフリーズして、調子が悪くなったため、隔離施設ではレッスンをする事はできませんでした。


施設では1日3食提供され、栄養のバランスも取れてとてとても美味しかったです。私はほぼ無症状でしたが、発熱した場合には常駐している医師によって薬が処方されます。時間を持て余した時は、お隣さんとおしゃべりをして楽しく過ごすことができました。

朝食と夕食の様子


都市足跡館には屋上がありましたので、施設にいた間は毎日一度屋上に行き上海の街並みを眺めていました。これまでは忙しすぎていつも時間に追われていましたが、隔離されてやっと人々を魅了してやまない上海の街並みをじっくりと眺めることができました。

屋上の景色


1日も早くコロナが終息し、日常を取り戻すことができる事を願っています。


こちらの記事も人気です

自宅は封鎖されましたか?

共同購入しました?

ご近所さんが感染したら、どうしますか?


 
Back
 


Copyright © 2004-2021 LongMandarin Corporation. All rights reserved. 沪ICP备13000238号-1