Tel:021-️6135-2676(日本語可)Email:hanlong@longmandarin.com
漢龍文化中心 HOME > ニュース


第二弾上海ウォーキング・北外灘巡りが無事終了!
2021/1/23

昨年10月に好評をいただいた上海シティウォーキングの第二弾?北外灘巡りが無事終了いたしました。蒋先生の解説により、参加された皆様には日本租界(旧日本人居住区)への理解を深めていただけました。


散策エリアのおさらいです。


和平饭店(hé píng fàn diàn

黄浦区南京路20号に位置する外灘のランドマーク的存在の和平飯店は、上海の近代建築史上初の現代派様式の建築物として知られています。またドイツや日本、フランス、イギリスなど9カ国をイメージしたデザインが施されたスイートルームの他、レストランやボールルーム、ファンクションルーム、バーや屋上庭園も有名です。


上海大厦(shàng hǎi dà shà

19階建てのアール?デコ建築で、上海でも有名なクラシックホテルとして知られています。租界時代である1934年のオープン以来、オールド上海を代表するシンボルとして50年以上に渡り人々に愛され続けています。


浦江饭店(pǔ jiāng fàn diàn

1846年にリチャーズ?ホテル?アンド?レストラン(礼查飯店)としてオープンし、1858年には黄浦江と蘇州河の合流地点、外白渡橋の北側の現在の場所に移転しました。


河浜大楼(hé bāng dà lóu

蘇州河の北側にそびえる河浜大楼は、1935年にサッスーン財閥の投資によって、設計と建設はそれぞれ英国公和洋行(パーマー&ターナー)と新申営造廠が担当し建設された高級マンションです。


上海邮政总局(shàng hǎi yóu zhèng zǒng jú

東洋一の洋館と謳われ1924年に上海郵政局として建設されました。1989年の9月には市から上海市優秀歴史建築の指定を受けました。


これらの有名建築以外にも蒋先生の案内で地元の上海人ですら知らないディープな歴史建築をたくさん見学いただきました。皆さん、上海への見識を広げられたことでしょう。


蒋先生の散策メモ

今回の活動が皆様に上海の歴史や文化をより深く理解いただく機会となれば幸いです。また今後の上海生活にお役立ていただけることを願っております。私たち漢龍文化中心の使命は単なる中国語教育だけではありません。皆様の上海生活の良きパートナーとして海外生活を全般にサポートさせていただきます。

 
Back
 


Copyright © 2004-2021 LongMandarin Corporation. All rights reserved. 沪ICP备13000238号-1